なぜガチムチ好きなのか

って考えたことありますか?

僕はあまり考えたことなかったんですよ。
だって気づいたら、好みがそんな感じやったから。

でも、僕が今住んでる名古屋には、当初あまりガチムチな人はいなかったんです。

というか、ジムに通ってる人もあまりおらんかったかも。

名古屋でこっちの活動始めてそのこと知った時は、ちょっとしたカルチャーショック。(笑)

何でって、こっちの人は体を鍛えてるのが普通やと思ってたからです。
それは僕の偏見ですけどね。

ガチムチ好きになった経緯

いつからガチムチが好きになったか。

実はあまり覚えてないんです。^^

雑誌「Gmen」が出た時に「あ、俺はこういうのがタイプなんや」て気づいたのは覚えてます。

それまでは、ガッチリとかマッチョとか、そういうのが好みやと思ってたし。今でも全然好みですけどね。それ以上にガチムチが好きってことです。

これは、メディアの影響が強いと思います。

当時はまだインターネットが普及し始めた頃やったから、雑誌しか情報を得られなかったから。

ガチムチなんかのレスラー体型を扱った雑誌がなかったのは、気づかなかったし、思いもよらんかったですからね。

そんなときGmenが出て、僕の中で何かが目覚めたわけです。(笑)

でも、その時付き合ってた相方はGmenを見ても、全く興味なし。

自分の中では「えー、めっちゃカッコええのに」と思ったのを今でも覚えてます。

それからはもう、Gmen一筋。

ガチムチって、

ガチムチ=頼り甲斐がある=デカくて強い=カッコイイ

てイメージがありません?ありますよね?

だから多分、そこに惹かれてたんやと思ういます。
もともとそんな素養があったんでしょうね。

人によっては、そんな強そうな「ガチムチに抱かれたい」てのもあるやろうし、「ガチムチを抱きたい」てのもあるやろうし。

まぁ、好きになる理由なんて、考える必要ないんですけどね。

ガチムチになるメリット

メリット。

なんやろ。

同じようなタイプに好かれるとか。
つまり、ガチムチ同士ってことですかね。

で、類は類を呼ぶっていうんですけど、やっぱり友達も同じようなタイプが集まってくるわけです。

これは、とても嬉しいことですね。^^

あとは、外見的なところですけど、

  • デカく見えるので、強く見える(本当に強いかどうかは別(笑))
  • 強く見えるので、変な奴に絡まれにくい(笑)
  • 目立つので、こっちの仲間かな?と気づかれやすい
  • ラガーマンか柔道家と思われる

どれも嬉しいメリット。損することがないですよね。

やっぱり、デカく見られたいからガチムチを目指すんやと思いますよ。
要は、かっこよくなりたいってことですね。
だから、せっせとジムに通って飯もがっつり食う。太ってもええと思って。^^

ちなみに、ガチムチで髭短髪が二人で歩いてたら、こっちの可能性が高いですね。
これは今までの経験上、間違いありません。(笑)
仲間に気づかれるのは、ある意味嬉しいことですし。^^

それと、世間一般的には、ラガーマンや柔道家に見られるようです。(笑)
こっちのガチムチは、実際にはラグビーや柔道やってない人が多いですよね。
実際にはやってたり、過去にやってたガチムチもいますけど。

ラグビー経験ないのに、ラガーマン。
本当にラグビーをやってた人には申し訳ないけど、これはちょっと嬉しいかも。(笑)

あと他にメリット、、なんやろ?

考えてみたら、あまりないかも?(笑)

ガチムチのデメリット

デメリット。

こんなんがデメリットになるかも?

  • 暑がりで、汗をかきやすい
  • 動きが鈍いので早く動くスポーツは苦手(皆がそうではない)
  • 人によっては、服のサイズがない
  • 一般的に話しかけづらかったり怖がられやすい
  • 一般的に「あいつってもしかして?」と疑われる

どう?当たってますか?

もっとも、デメリットを知ったところでどうしようもないんですけどね。

だって、これらのデメリットが嫌やからガチムチにはならない、て思う奴は少ないでしょ。

行き着くところ

行き着くところとしては、メリットやデメリットが何であれ、ガチムチを目指して、ガチムチ好きでずっといる、ということになりますね。

何がどういうても、自分の好みを変えることなんてしないし、自分の好みに近づくことも惜しまないんやないですかね。

別にそれでええと思うし、誰も困らないですしね。

・・・

・・・なんか今回は、よくわからんテーマでしたね。(汗)
ちょっと申し訳ない気分です。

でも、こんなんでも懲りずにまた見に来てくださいね。^^