ガチムチ目指して色々と試してる人、多いと思います。
これを読んでいるあなた自身も、努力してると思うんです。

 

頑張ってますね。^^

 

でも、なかなかデカくならない、体重が増えない、という事で悩むこともあると思います。

 

普通に筋トレ頑張ってるのにデカくならない
いっぱい飯食ってるのに体重増えない

 

どうしたら良いんだろう?

 

わかる。その気持ち。

 

なぜなら、僕も同じやったからです。

 

逆に、もともとガチムチの人は、こういうことで悩むことは少ないかもしれないですね。
羨ましいですよ、ほんま。(笑)

 

でも、これを読んでくれているあなたは、頑張ってデカくなろうとしている人。
これからも努力してデカくなってほしいです。

 

僕は、あなたのように努力している人には、何かアドバイスがしたくなるんです。^^

 

もっとも、役にたつがどうかはわからんですが。

 

筋トレを頑張ってるのに体重増が頭打ちになる

これ。
ガチムチ目指してる筋力トレーニーには永遠のテーマ。

 

なぜなら、スムーズにデカくなり続ける人なんて、おらんから。

 

筋トレ初めの頃は、多くの人が目ざましい体重変化を実感するけど、そのうち停滞する。
そして、色んなことを試して、失敗して、ちょっと成功する。

 

筋トレでデカくなるって、これの繰り返し。

 

皆が皆、同じことをやればデカくなるってわけでもないです。
特に、僕みたいな体重の増えにくいタイプやと苦労も多いんですね。

 

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトで挙上重量増加を目指してみる
挙上回数、セット数を増やしてみる
動作中のスピードを変えてみる
インターバル(休憩時間)を増減してみる
トレーニングメニューの順番、内容を変える

 

こんなふうに、色々試しますよね。

 

頑張って、頑張って、頑張って、頑張っても成果が出ない。
だからといって、頑張らないと間違いなくデカくならない。

 

でも、安心してください。
ボディビルダーも、ウェイトリフターも、レスラーも、力士も、同じように悩んでいる人は多いから。

 

じゃあどうするの?ってとこやけども。

 

筋トレ自体は今まで通り「筋肉」をデカくすることを目的に頑張ってほしいです。
筋トレは健康的にもプラスになるからなんですね。

 

食うだけ食っても体重が増えない?

これ、体重増加が難しい体質の人にとっては、筋トレと同等以上に苦しいこと。

 

普通、食ったら摂取カロリーが増えて、太るはずなんやけど太らない。
(太りやすくて痩せたい人には羨ましいって思われるかもしれませんけど。^^)

 

僕が20代のころ、結構食いまくったんです。

 

晩飯食ったあと、夜寝る前にコンビニ弁当食ったりとか。
ウェイトゲイン系(体重増加)のプロテインもがぶ飲みしてたし。
(プロテインって本当に効果があるんだろうか?と今でも疑問に思う)

 

でも太らない。(笑)

 

太りにくい体質と年齢的なものも影響してると思うんやけど、結局のところ代謝が高いってことですね。

 

摂取したカロリーを吸収せずに、外に排出してしまうってこと。

 

そら太らんわ。(笑)

 

こうなると、お金と時間と努力の無駄って気がしてきます。

 

ただ、30代のときに毎食2合飯を食った時期がありまして。

 

これは確かに太ったんです。

 

でも、とても不健康な状態になってしまいましてね。

 

血圧上昇
糖尿上昇
尿酸値上昇
体脂肪上昇
勃起力低下

 

終いには足の指がしびれる状態がずっと続くような状態に。

 

糖尿病か?
これはあかん。
病気になってしまう。

 

というか、すでに病気やったんでしょうけど。(笑)

 

仕方がないから病院に行ったら、血圧が150mmHg。

 

センセが「今日から降血圧剤を飲んでください」って言うんですわ。

 

でも僕は飲まなかったんです。
飲んだら、一生飲むことになるかもしれんと思ったから。

 

だから、自力で治してやる!って決めて、それから半年ほどずっと超健康的な自炊飯。

 

何をしたかというと、調味料を一切使わない調理で飯作ってました。(笑)
塩、醤油、ソース、マヨネーズなんかを使わない調理。
(香辛料やレモン果汁、お酢なんかは使ってました)

 

だから、はっきりいって不味い。(笑)
 

でもそれで、血圧は安定したんですね。
あ、あと勃起力も少しずつ回復。^^(この件については別途記事にする予定です)

 

太りにくい体質者が無理に太るとこんな結果になるってことですわ。
僕みたいに、体重増加と引き換えに健康を手放すことのないようにしてほしいです。

 

どうすれば良いのか

じゃあ、どうすんの?ってところなんですが。

 

とりあえず、筋トレは継続したいところ。

 

筋トレは、筋肉をデカくするだけでなく、健康増進にも良いですからね。
生涯続けられるものでもあるし。

 

食事は、塩分・糖分・脂肪分の少ない内容がベスト。
これらの成分は体に必要なものでもあるから、完全に絶ってしまうのはダメです。

 

そういう意味で、質の良い、高タンパクな食事が良いけども、なかなか難しいかもしれませんね。

 

だからまぁ、普通にちょっと健康を意識した食事を心がけて、筋トレを継続する。
そして、食事量は多くしてもええけど、できれば食事回数を増やすことをお勧め。

 

空腹状態をなくすってことですね。
これが大事。

 

1日の3食にプラスして、2〜3食軽食をとる。
プロテインでも良いし、アミノバーでも良いし、おにぎりでもOK。

 

そしてもうひとつ、体質を調整することが重要。

 

体質を調整する?

太りにくいということは、栄養の消化吸収力がちょっと弱いということです。

 

であれば、それを高めてやれば良いんです。

 

整腸するってことですね。

 

僕が取り組んだのが次の二つ。

 

  • 腹式呼吸を毎日実践する
  • 胃腸薬や整腸剤を飲む

 

これって、誰でもできそうちゃいます?

 

腹式呼吸は、朝起きたときに5分ほど継続。
座って息をゆっくり吐いて、ゆっくり吸う。それに合わせて腹部を凸凹させる。
簡単ですよね。

 

胃腸薬や整腸薬は、1日1回でええから試してみてほしいですね。

 

僕が試していたのは、胃腸薬のエビオス錠と整腸剤のビオフェルミン。
両方とも安価なものだから継続しやすいですよね。

 

これが結構大きかったかも。
なかなか太らない場合、一回試してみるのも良いかもしれません。^^

 

僕が挑んだイレギュラーな体重増加法

最後にもう一つ。
ちょっとイレギュラーなやり方。

 

ただし、筋トレを長年継続している人限定になるんですけどね。

 

それが何かというと。。。

 

・・・

 

・・・

 

筋トレをやめてみること。(笑)

 

今まで筋トレは続けろよと言っておきながら、やめろとはどういうことや?て思いますよね。

 

太るためには消費エネルギーよりも摂取エネルギーを増やすことが重要。
で、栄養の消化吸収を高めてやれば、必然的に太ることになる。

 

栄養の消化吸収は、前述した胃腸薬・整腸剤や腹式呼吸で高められる。

 

で、筋トレを一時的にやめれば、今まで消費されてたエネルギーの行き場がなくなって、体に蓄積されるってことになる。

 

筋トレ停止期間は数ヶ月〜半年くらい。
数ヶ月っていう期間は、ベテランの筋力トレーニーにしてみれば、恐怖と不安。(笑)

 

でも、実はそんなに心配いらないんですよ。
長年筋トレを継続している人の体には、マッスルメモリーっていうものがあるから。
マッスルメモリーとは体が筋肉の状態を覚えていて、筋トレを復活させた時にかなりの短期間で元の筋肉の付いた状態に戻るってこと。

 

だから、そんなに不安はないです。

 

肉体をリセットするという意味で、筋肉にも良い刺激になりますからね。

 

で、結果的に僕は4〜5kgほど体重増加したんです。
もちろん、筋肉でなく脂肪で。(笑)

 

これは、実は挑んだわけではなく、多忙でジムへ行けなくて結果的に太ってしまったんですけどね。

 

でも、あれだけ筋トレで頑張って、食事量を増やしても太らなかったのに、いとも簡単に太ってしまったというのは、嬉しいよな悲しいような。(笑)

 

もちろん、体重が増えたといっても脂肪だから、筋トレを再開して挙上重量を増やしていかなければダメです。

 

もし、あなたがベテランの筋力トレーニーで、何が何でも太りたいけど太れない場合は、やってみる価値はあるかもしれません。

 

まとめ

では、まとめますね。

 

体重を増やすために取り入れること。

 

  • 筋トレは継続する
  • 食事の質を高め、食事回数を増やす
  • 腹式呼吸を実践する
  • 胃腸薬や整腸剤を取り入れる
  • ベテラン筋力トレーニーであれば、筋トレを数ヶ月休止してみる

 

こんな感じです。

 

デカくなるために太ることは重要やけど、あくまでも健康第一。
健康的にガチムチ体型を目指してほしいですね。^^