最初にやることは筋トレじゃない

big
ガチムチになるためには筋トレでしょ?と思いますよね。
もちろん、そのとおりなんですが、筋トレを始める前に試してみてほしいことがあります。

これは筋トレをすでに始めていても問題ないので、スパイスを加えるつもりで取り入れてみると良いですね。
すでにあなた自身がガチムチでガチムチ好きなら、無意識のうちにやっている場合があるかも?

ガチムチのビジュアリゼーション

イメージングビジュアリゼーションとは何か。
ビジュアリゼーションとはつまり、望む姿を現在進行形で強烈にイメージすることです。
理由は、強烈にイメージすることで脳に刺激を与え、現状とのギャップを認識させ、そのイメージに近づけるようあなた自身の行動を促すからです。

現在進行形でイメージというのは、あなたがすでに目標としている「ガチムチになっている姿」をイメージ(想像)すること。これだけです。ただし、強烈なイメージで。
シンプルなことですが、とても大事なことなんです。

ポイントを次にまとめてみました。参考にしてみてください。

ポイント

  • 理想のガチムチになっている自分を強烈にイメージする
  • そのときどこにいて、何をしているのか
  • そのときのあなたの気持ち、感情はどのようなものか

具体的にどうやれば良いのかわからないと思うので、次を読んでみてください。

理想のガチムチになっている自分を強烈にイメージする

ビジュアリゼーションはなりたいと思っている自分のガチムチ姿を強烈にイメージするわけですが、「強烈に」という部分が大事になってきます。「強烈に」というのは繊細に強くイメージすることです。間違っても力んでイメージすることではありません。

方法としては、まず目をつむって落ち着いた状態で、テレビやモニターに映し出されている自分をイメージします。
ただし、その映っているあなた自身はかなりのギャップを感じるくらいの理想以上のガッチムチです。いいですか、理想以上のガッチムチのあなたが映っているんです。インパクトを感じるくらいがちょうど良いですね。

今のあなたよりもかけ離れた理想以上のガチムチ体型をイメージする理由は、いままで経験したことのない状態を脳に与えることにより、脳が焦りを感じてその状況に近づけようと考えるからです。その結果、あなた自身に行動を起こさせようと促し始めます。

何度も言いますが、え!と思える理想を超えるガチムチ体型をイメージするんですよ?

そして細部まで身体をイメージする。
大胸筋はどのくらいあるのか、腹回りはどんな感じなのか、腕や脚は筋肉の上に脂肪が乗っている感じなのかとか、です。

細かく考えるのが難しい場合は、アスリートの体型を想像しても良いと思います。ボディビルダー体型、レスラー体型、ラガーマン体型、柔道家体型、パワーリフター体型、または力士体型など。(こちら側で人気のある体型を書いてみました(笑))
また、自分の好きなガチムチ体型の有名人、友人、知人の裸を想像できるのであればそれでも良いでしょう。

写真を使う

とは言っても、イメージするのはなかなか大変ですよね。そのため、もっと具体的に視覚化するために写真を使います。
どうするのかというと、理想以上とするガチムチ体型の裸の写真を用意します。ここでいう裸とは、筋肉や脂肪の状態がわかる裸です。もちろん全裸写真じゃなくて良いです。(笑)

ボディビルダーやレスラーであれば、ネットや雑誌で探しやすいと思います。それをスマホやパソコンに入れるか、写真印刷したものを用意してください。ポスターにして壁に貼るのもありです。

理想超えのガチムチ
理想を超えるガチムチ画像を毎日見る

そしてそれを「毎日」見ます。
時間を決める必要はありません。起床時、就寝前、通勤時など時間がある時にいつでも見るようにしてください。とにかく見まくって、頭でイメージできるようにするのです。

イメージしながら、それが自分自身の身体であることを意識してください。

ポイントフロー

  1. 理想とする写真を見まくる
  2. 頭の中でイメージする
  3. それが自分の身体であることを意識する

こんな感じですね。
それでもイメージが難しいと感じる場合、写真を見まくるだけでも良いです。とにかく見まくること。そうすると、頭に焼き付いてきてイメージできるようになります。これが大事です。

そのときどこにいて、何をしているのか

次に理想とするガチムチ体型をイメージしながら、それはどんな場所で何をしているかという状況を考えます。
これは、あなた自身がガチムチになった時にやりたい状況を設定するのが良いです。

場所はジムなのか、自分の部屋なのか、銭湯なのか、海岸なのか、ただっぴろい公園なのか、などです。
そして、そこでは一人なのか、友達や恋人といるのか、大勢でいて楽しく過ごしているのか、など。

例えば「友達の何人かでパンイチ状態で、庭でバーベキューをしているガッチムチな自分」とかですね。
または「ボディビル大会に出場していて、ポージング中に多くの人から歓声を受けているガッチムチな自分」でしょうか。

叶えたい状況を設定してみてください。

そのときのあなたの気持ち、感情はどのようなものか

次にイメージの中で、理想を超えるガチムチになっているあなたが、その時どんな感情になっているか想像してください。

嬉しい感覚
楽しい感覚
幸せを感じている感覚
満足感に浸っている感覚
ワクワクしている感覚

他にもあると思いますが、イメージしながら自分が感じている内面を観察してみてください。理想を超えた自分になったあなたは何を思っているでしょうか。

効果を実感する

ビジュアリゼーションを毎日継続していると、自分の行動が促され始めていることに気づくと思います。

例えば、ジムに行ったことがない人であれば、ジムの広告や情報がなぜか目につくようになるとか、Youtubeなどで筋トレの動画を見始めるとかです。
あるいは太るためには、筋肉をつけるためにはどんな食事が良いか考えたりするということもあるかもしれません。
些細なことですが、それは効果が出てきていると思って良いでしょう。

そして、その些細な効果が出ている時は、その事象に集中しているはずです。
これは、脳が焦り始めて現状から脱却するために、早く「ビジュアリゼーションでイメージした状態」に近づこうとしている結果になります。

この時は、あなた自身はその事象に苦とか面倒だとかといった気持ちは感じていないはずです。むしろワクワクしているのではないでしょうか。

こうなってきたら、しめたものです。
ビジュアリゼーションを継続しながら、脳に逆らわずにありのままに行動してみると良いですね。

筋トレ中のビジュアリゼーションもおすすめ

筋トレイメージ
筋トレ中にもビジュアリゼーションしてみる

すでにジムに通っている、またはジムに通い始めたら、筋トレ中にビジュアリゼーションをしてみてください。

どうするのかというと、ある種目をまさに行っている最中に、頭の中で「ガッチムチになった自分がその種目の動作を行っている状態」をイメージするのです。

これ、結構有効だと思います。これは個人的な見解ですが、集中力が高まっていつもより筋トレを頑張れるはずです。

まとめ

今回はビジュアリゼーションを使ったガチムチ化を促す手法を紹介しました。

まとめ

  • 理想を超える自分を強烈にイメージする
  • イメージが難しい場合、ガチムチな写真を見まくる
  • イメージの最中、どんな状況でどんな感情か観察する

これを実践すると、必ずガチムチへ一歩進むことになります。
絶対です。

ここではガチムチがテーマなので、ガチムチになった自分をイメージすることを書きました。ビジュアリゼーションは他の目的でも使える手法です。色々と活用してみてください。