インパクトのある肉体と顔立ち。彼は何者なのか。

僕が最初に松田 慶三さんを知ったのは、筋トレのブログ用に画像を検索していた時です。ある画像提供サイトで慶三さんを見つけました。ということは少なくともモデルもやられているということですね。
服の上からでもわかる筋肉をまとった体型の画像を見つけた時、力強い眼差しで屈強な体格をしてるなぁと感じると同時に、その男前な表情からは頼れるお父さん的な印象を受けたのです。

この時はまだ「松田 慶三」という人がどんな人なのかは知らず、ただ単にインパクトのある存在感を感じたのを覚えています。そういえば「ザ・ボーイズ」に出演しているブッチャー役のカール・アーバンにちょっと似てる?似てないか(笑)

プロフィール


プロフィール

  • 氏名:松田 慶三
  • ニックネーム:ガッチリ男気
  • 生年月日:1975年12月21日
  • 出身:神奈川県大和市
  • 出身校:神奈川県立大和南高等学校
  • 身長:175cm 体重:100kg
  • 血液型:B型
  • 職業:プロレスラー、熱波師、モデル
  • 趣味:懸賞、ゲーム
  • SNS:twitterfacebook
  • Wikipedia

基本的に彼はプロレスラーを軸に活動しています。

  • 1995年3月 IWA世界ヘビー級王座 (IWA・JAPAN)菅原裕二戦でデビュー
  • 2009年12月 IWA新宿FACE大会でブラックバファローに勝利、IWA世界ヘビー級王座を獲得する
  • 2011年8月 IWA退団、フリーに転籍し現在に至る

1995年にデビューということは、19歳でレスラーになったわけですね。この若さで夢を実現するとはすごい。16年間IWAで活動したんですね。

レスラーにしては身長は高くはないかもしれませんが、体重100kgでそれをカバーしています。十分に重量級ですね。通常、一般的にこの身長体重だけを見ると肥満体になるわけですが、しっかり筋肉での増量をしています。
特に胸筋が見事に発達しているので、上半身の裸を見たとき大きく見えるわけです。

慶三さんはボディビルダーではなくプロレスラーなので、とにかくバルクを大きくすることに注力している感じが伝わってきます。だから多少の脂肪も蓄えている体型、いわゆる超ガチムチです。ビルダーと力士の間くらいかな?

これは僕の主観なのですが、レスラーはビルダーのバリバリ感よりも、全体的に少し脂肪をまとっている方が、相手に力強さを与えるのではないでしょうか。この超ガチムチ感は僕らの憧れるところですね。

自身が熱波のような男前レスラー


ちょっと興味深いのはサウナで熱波師(ロウリュ)をやられていること。僕自身、熱波を受けた経験はまだありませんが、こんな兄貴が熱波師だったらぜひ体験してみたい(笑)。

熱波師は大変な仕事です。サウナで動かずにじっと汗をかいているだけでもツライのに、お客さんに向けて熱風を送るという労力がかかるため、暑さと体力勝負になります。それを笑顔で届けるわけですから。それに今はマスクをしながらという非常に苦しい状況でやられています。

おそらく本人は好きであることと、信念を持ってやられているんだと思います。この仕事はある意味、肉体的・精神的に発達したレスラーだからこそできるのかもしれません。

そんな色黒の超ガチムチの兄貴に、超暑い中で汗をかかされるわけですから、野郎になった気分になれます。(笑)
慶三さんの熱波師の活動としては、関東近郊のお風呂屋さんで時々やられているみたいですね。僕の友人も彼の熱波を浴びて喜んでました。

彼の親近感のある情報発信とは

↑こういうのも面白いところですね。^^

慶三さんをネットで調べると、ツイッターや複数のブログを運営されていることがわかります。
そこではプロレス中心のツイートをしているのかと思いきや、プロレスのことはもちろん、結構プライベートの話をこまめにアップしていますね。ツイートなので一言付きの画像や動画になるのですが、こまめにアップしているため状況が伝わってきやすいのです。

  • 仕事に向かおうとしたら、電車が止まってた
  • 母親と家のベランダでバーベキュー
  • 江ノ島に日焼けに来ました
  • 好きな2大ラーメンは「すがきや」と「一風堂」

とかね(笑)。
名古屋に本社がある「すがきや」が好きとは。名古屋が地元の僕としてはちょっと嬉しい気分です。

日常のちょっとした出来事をツイートしているので、なんだか親近感を感じませんか?(てか、ツイートってのはそもそもそういうもんだけど)

40歳代後半で独身でガンバってる

慶三さんの身の上話で気になることですが、45歳の現時点では結婚はされていないようです。その容貌からは力強い優しいパパ的なオーラがあるため、僕はてっきり結婚して子供がいるもんだと思ってました。

でも慶三さんが独り身であっても、いつも陽気で楽しそうに頑張っているので、応援したくなっちゃうわけですね。
40代で肉体派の仕事をこなすというのは、なかなか難しいことだと思います。ただ、家族を養っていたら、それこそもっと大変。もしかしたら好きなことをするためにあえて独り身なのかもしれませんね。

これは誰でも怖い。彼の経験したアクシデントとは

いわゆる慶三さんがストーカーにあった話です。
この話はちょっと有名ですね。それにこれは女性ではなく若い男性。家までついてこられて、好意を寄せている内容の手紙を投函していったそうです。
その時のブログがこちら。

ライブドアブログより
困ります

若い男性は明らかにゲイだと思いますが、こんなん僕らでも怖いですよ。
これはゲイだからとか、そういう問題ではありません。ストーカーは犯罪です。
まぁ、それだけ慶三さんは人気があるという裏返しにはなるんですが。。

こんな部分が彼の好感を高めている

体育会系ならではのキャラだからか、陽気な野郎を全面に出しているところに好感度がある気がします。

強い!陽気!でも優しい!

一般の人が受ける印象としては強面・屈強な男になると思うのですが、それをイメージキャラで周りに与える印象を良くしています。

インパクト強過ぎなエントリー動画

2013年にゲームの「アラド戦記」イメージキャラクターオーディションで、女性の応募者がしめる中で、唯一男性としてエントリーして特別賞を受賞。ボディビルダーの清水 泰地くんが女性キャラのコスプレ大会でイレギュラー的に優勝しちゃったのと似ていますね。(笑)

良いですねぇ。(笑)こういうの好きです。

この時の動画を見てもわかりますが、体育会系の野郎っぽさが十二分に発揮されています。
オーディション動画ということで、少し緊張してる感がありますが、インパクト十分ですね。上半身裸にピンクのネクタイ、レスラーパンツといういでたち。こういう発想はやはり体育会系ならではという感じですね。

ビールを美味そうに飲む

彼のツイートを見ると、美味そうにビールを飲んでいるところが見られます。
本当にビールを美味そうに飲むんですよ。(笑)
彼はモデルをやっていることもあるので、演技が多少あるのかもしれませんが、それにしても美味そうにビールを飲む。こんなに美味しそうにビール飲んでたら、ビールメーカーからオファーがあっても不思議じゃないですね。CMなんかに出演したら、多分、いや確実にビール売れちゃうでしょう。


という感じで、今回は松田 慶三さんにスポットを当ててみました。
本当であれば、プロレスラーとしての彼にスポットを当てるべきですが、プライベートな部分の「松田 慶三」を紹介するのも身近に感じて良いかな?と思って書きました。
いつか名古屋のスパ銭に熱波師として来ることがあれば、野郎の熱風を受けてみたいですね。(笑) 慶三さんの今後の益々の活躍を応援してまっす!